in the mythosil

Rhythm & Biology.

FuelPHPを動かす

インストール

FuelPHPをインストールする方法は2種類あるようで、1つはoilコマンドというものを使う方法。2つ目はzipでダウンロードしてくる、もしくはgit cloneする方法。
oilコマンドを使ってインストールするには、

$ curl get.fuelphp.com/oil | sh
$ cd <document_root>
$ oil create <project_name>

とします。一方、フレームワークをダウンロードしてきた場合には、

$ mkdir <project_name> && cd <project_name>
$ unzip fuelphp.zip
$ php oil refine install

とします。
これは公式サイトにのっている方法なのですが、oilを使うときにはsudoが必要になるため、sudoが入っていない環境ではcurlのとこで失敗します。ですので、

$ curl get.fuelphp.com/oil > install_oil.sh

としておいて、sudoを削除し、

$ su
# sh install_oil.sh

としなければいけません。

動作確認

oil createした後、localhost//publicにアクセスすると"Welcome!"が表示されます。
このままでは、localhost/にアクセスしてもダメです(.htaccessが無い)ので、

<IfModule mod_rewrite.c>
    RewriteEngine on
    RewriteBase /<project_name>
    RewriteRule ^(/)?$ public/index.php/$1 [L] 
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f 
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d                                                                                   
    RewriteRule ^(.*)$ public/index.php/$1 [L] 
</IfModule>

のように.htacessを書いて、に設置しておく必要があります。
(補足:テスト時にはこのようにしておくのもいいですが、publicディレクトリをDocumentRootにするようapacheの設定を変えた方が安全ですし、.htaccessを書く必要もありません)

まとめ

以上で、とりあえずFuelPHPを動かすところまでです。
次はドキュメント読みながらmvc書いていってみます。