読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

in the mythosil

Rhythm & Biology.

libeventでタイマー処理をする

libeventでタイマー処理をする方法について書きます。
まずは3秒後に指定の関数を呼ぶコードです。

#include <stdio.h>                                                                                  
#include <sys/time.h>
#include <event.h>

void say_hello(int fd, short event, void *arg)
{
  printf("Hello\n");
}

int main(int argc, const char* argv[])
{
  struct event ev; 
  struct timeval tv; 

  tv.tv_sec = 3;
  tv.tv_usec = 0;

  event_init();
  evtimer_set(&ev, say_hello, NULL);
  evtimer_add(&ev, &tv);
  event_dispatch();

  return 0;
}

これをコンパイルして実行すると、3秒間待った後に"Hello"と表示して終了します。


次に、3秒ごとに指定の関数を実行してみます。

#include <stdio.h>                                                                                  
#include <sys/time.h>
#include <event.h>

void say_hello(int fd, short event, void *arg)
{
  printf("Hello\n");
}

int main(int argc, const char* argv[])
{
  struct event ev; 
  struct timeval tv; 

  tv.tv_sec = 3;
  tv.tv_usec = 0;

  event_init();
  event_set(&ev, -1, EV_PERSIST, say_hello, NULL);
  evtimer_add(&ev, &tv);
  event_dispatch();

  return 0;
}

前のコードと違うのはevtimer_setがevent_setに変わっているところだけです。これをコンパイルして実行すると、3秒ごとに"Hello"と表示します。


タイマーを複数同時に動かすことも可能ですが、callbackで重い処理を動かしていると、その途中で呼ばれた別のcallbackは前の処理が終わるのを待つため、狙い通りのタイミングで動いてくれない点に注意が必要です。