読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

in the mythosil

Rhythm & Biology.

Inline::C

perlの中でCが書ける、そう聞いただけでワクワクします。


自分の専攻だと、どうしても実行速度を気にしてしまいます。Cで書いても実行に1日かかるようなものが多いので。楽したいところはperlで、カリカリにチューニングしたいところはCで、なんて住み分けが出来るととても嬉しい。

use Inline::C => q[
void hello(char* word) {
  printf("%s\n", word);
}
];

hello("HELLO");

もちろんこんな簡単な例だと、Cのコード部分をコンパイルするのに時間がかかるので、普通にperlで書くより遅いです。でも書くものによっては、カリカリ攻められるんじゃないでしょうか。
値の受け渡しを減らす、関数呼び出しを減らす、まずはこのあたりから攻めることになるでしょう。


近いうちベンチとってみるつもりです。